長時間スマホ使用の注意点

眼鏡

若いのにピントが合わない

老眼というと加齢とともに40代前後から眼に起こる老化現象です。若い頃には見えていた手元が見えにくくなり、文字が読みにくいとか視界がぼやけるといった症状があります。しかし、最近テレビなどでも取り上げられているスマホ老眼は、スマホやパソコンを長時間使用する人であれば、10代や20代でも老眼のような症状が起こります。原因は、スマホのように近くばかりを見ていると毛様体筋に負担をかけ、ピント調節が上手くいかなくなります。眼には水晶体があり、近くを見ると厚くなり、遠くを見ると薄くなってピントを合わせています。この水晶体には周りに筋肉である毛様体筋があります。この毛様体筋が緊張したり緩めたりする事で、水晶体の厚みを変化しピントが調節できます。長時間手元のスマホばかり見ていて、視線をスマホから外すと視界がぼやける事があります。これは手元にビントが合った状態が長く続いたため、遠くを見る時にピント調節が出来なくなったためです。しかし、老眼と違い一時的なものですから、時間が経過すればまた見えるようになります。ただし、この事を繰り返すと重篤化し老眼を早める恐れがあります。そうならない為には休憩時間を取り、眼を休めます1時間続けて使用すれば10分から15分の休憩し、遠くを眺めると良いです。また、スマホを利用する際には、眼から40cmの距離を保つ事が良いとされています。毛様体筋の緊張をほぐす為に、眼の周りを温める事も効果的です。この他に、意識的に瞬きをしてドライアイを防ぐ事があります。また、毛様体筋の緊張を和らげる為に、眼薬を使用して涙不足を補う方法もあります。