継続的に予防法を実行する

眼鏡とコンタクト

症状が出る前に対処しよう

スマホ老眼とは、長時間にわたりスマホやパソコンを使い続けた結果、遠くを見るのは問題ないが、近くを見ようとするとピントが合わなくなったり、薄暗い場所で見えにくさを感じたりする状態を言います。老眼とは、40代後半の年代になっておきます。最近では20代から30代にもその症状を訴える人がでてきました。一つ目は近い距離でスマホやパソコンの小さい文字を見続けることで、ピントを調節する毛様体筋が緊張し、近くが見えにくくなります。二つ目はスマホやディスプレイから出るブルーライトが目に当たり、光を調節する虹彩筋が収縮します。その状態が続くと薄暗い場所で物が見えにくくなります。スマホ老眼は適切な対処をすれば予防することができます。最初の対策は、スマホとパソコンを長時間使わないことです。ディスプレイを凝視することでブルーライトで虹彩筋が収縮し、小さい文字を見ることで毛様体筋に緊張を強いることになります。そこで1時間使った後は休憩を10分間設定し、遠くの景色を見るなどして目を休めるようにしてください。ふたつ目は、スマホやパソコンのディスプレイを目から離して見ることを心がける。適正な距離は40センチと言われています。その距離が目に負担がかからない距離とされます。次は、帰宅後に蒸しタオルを目にあて、目の周囲の血行を良くすることで一日の目の疲れをほぐすことです。血行を良くすることで、毛様体筋や虹採筋のコリを柔らかくすることができます。ただし、やりすぎると目全体には良くない影響を与えるため、必ず1日1回。寝る前に実行してください。最後は、目に良い栄養素が含まれている健康食品を毎日摂取することです。目の中にルテインが含まれています。加齢とともにルテインは失われていきます。そこで、健康食品で補充することで予防につなげていきます。これらの予防方法を継続することでスマホ老眼にならない目を作りあげることができます。