男性

血流の悪化にも気を付ける

目の筋肉を酷使する事だけが老眼の原因ではなく、椅子に長時間座っているせいで血流が悪化している人も、目の筋肉が弱りやすくなっています。定期的に身体を動かす事によって、全身の血流を改善して老眼を予防してください。

詳しく見る

ブルーライトの影響

眼鏡

目に起こる症状

ここ最近においては、スマホから発するブルーライトの光が、目に悪影響となることからも、老眼の方は、ブルーライト防止の老眼鏡をした方がよいとされています。ただ、このブルーライトが実際に目によくないものなのか、きちんとブルーライトを防げる老眼鏡を身につけた方がよいのか、はっきりしない部分があります。また、老眼鏡以外にも、老眼が生じる前の方でも、ブルーライトを防げる眼鏡をかけた方がよいのかも、興味を抱くポイントでしょう。ブルーライトの光については、人間の目で確認できる光の中でも、波長が380nmから500nmとなっていて、短い波長に関しては、散らばりやすい性質を備えています。このブルーライトを目に浴びることで、網膜の直前でピントを合わせてしまい、視界がぼんやり見えるようになるのです。それから、毛様体筋というのは、ぼんやりした視界を元に戻すため、ピントをコントロールすることから、目に対し必要以上に負荷が加わります。このことからも、人によっては眼精疲労を多少感じやすくなる場合もあります。あとは、ブルーライトは紫外線と同じように、水晶体では吸収されることなく網膜まで伝わります。したがって、散らばる光により、視界のちらつきや眩しさなどが生じ、網膜にかかる負荷が大きくなるでしょう。以上のことにより、波長が短いブルーライトに関しては、目に対して少なからず負荷が加わるので、ブルーライトを防げる眼鏡や老眼鏡を身につけることが重要です。

オススメ記事

男性

血流の悪化にも気を付ける

目の筋肉を酷使する事だけが老眼の原因ではなく、椅子に長時間座っているせいで血流が悪化している人も、目の筋肉が弱りやすくなっています。定期的に身体を動かす事によって、全身の血流を改善して老眼を予防してください。

詳しく見る

メガネ

毎日の工夫で目を大事に

老眼は、日常的に近くのものを見続ける時間が長い人が進行しやすい特徴があります。スマートフォンを見る場合はなるべく目との距離を離し、1時間程度で休憩を入れると良いでしょう。遠くを見ると効果的ですが、ほんの1m先に目を移すだけでも効果ありです。

詳しく見る

眼鏡とコンタクト

継続的に予防法を実行する

老眼は年齢に伴い発症します。しかし、若い年代も老眼と同じ症状を訴えるようになりました。スマホ老眼と呼ばれます。そこで、それを予防するためにスマホやパソコンの使用方法を見直すことや目に良い健康食品を摂取することで予防することができます。

詳しく見る

男性

血流の悪化にも気を付ける

目の筋肉を酷使する事だけが老眼の原因ではなく、椅子に長時間座っているせいで血流が悪化している人も、目の筋肉が弱りやすくなっています。定期的に身体を動かす事によって、全身の血流を改善して老眼を予防してください。

詳しく見る

メガネ

毎日の工夫で目を大事に

老眼は、日常的に近くのものを見続ける時間が長い人が進行しやすい特徴があります。スマートフォンを見る場合はなるべく目との距離を離し、1時間程度で休憩を入れると良いでしょう。遠くを見ると効果的ですが、ほんの1m先に目を移すだけでも効果ありです。

詳しく見る

眼鏡とコンタクト

継続的に予防法を実行する

老眼は年齢に伴い発症します。しかし、若い年代も老眼と同じ症状を訴えるようになりました。スマホ老眼と呼ばれます。そこで、それを予防するためにスマホやパソコンの使用方法を見直すことや目に良い健康食品を摂取することで予防することができます。

詳しく見る

男の人

眼鏡を使って矯正します

中高年以降の年齢になると、近くの物が見えにくくなる老眼の症状が見られるようになります。気になる症状が見られたら、眼科のクリニックで精密検査を受けることが大事です。老眼鏡で矯正をしたり、遠近両用の眼鏡を使用する人が多いです。

詳しく見る

眼鏡

長時間スマホ使用の注意点

スマホ老眼は、若い人でも起こる症状です。スマホやパソコンを長時間使用することで、眼のピント調節が低下し起こります。けれど、加齢で起きる老眼と違い若い人のスマホ老眼は、一時的な症状が多いので眼を酷使せずにいたわる事が大切です。

詳しく見る